東海住宅産業協会 東住協だより: 未来進行形・住宅展

東住協設立40周年記念イベント「未来進行形・住宅展」結果報告

(社)東海住宅宅地経営協会は、平成17年1月29日(土)・30日(日)、協会の設立40周年を記念して会員および非会員企業、関係各団体参加のイベント、『未来進行形・住宅展』が名古屋市吹上ホールで開催した。
公益団体の主催として、参加企業51社と合同での一般消費者に対するイベントはこの規模では極めて稀であり、メディアに取り上げられるなど業界内外で話題をよんだ。

目的
イベントでは、「新しい住まいづくり、街づくりを通じて、地域の幸福を目指す」という協会の理念のもと、単なる営業目的での実施ではなく、発表会、プレゼンテーション的な色合いを濃くすることで、住宅への期待感を与えられる情報提供、訴求を行うことを開催主旨として行われた。

業界現状と期待
現在、人口減少、少子化、顧客のニーズの多様化など多くの問題を抱える住宅業界では、量的充足がなされ、いかに自社の製品を選んでもらうかが課題なっている。しかし、閉鎖的で昔ながらの集客手法しか有しない住宅業界において、今回のイベントが新たな販促手法として成り立つかどうかという点が注目すべき点。

イベント内容
会場内は、エントランスゾーン、ステージゾーン、協賛企業ゾーン、各企業情報発信ゾーン、コミュニティーゾーンの5つのゾーンに分かれ、来場者にとっては見やすく、自分の知りたい情報の発信場所に容易にたどりつくことができるレイアウトになっていた。また、ステージゾーンでは人気マジシャンによるマジックショーやお笑いタレントなど来場客の滞在時間を延ばす演出も施されていた。
各社ブースとも来場者にいかに足をとめてもらうかの演出に力を注いでいるようであった。 ここでいくつかにぎわっていたブースをピックアップしてみる。

ステージゾーンの様子
01.jpg02.jpg
03.jpg04.jpg

協賛企業ゾーン、各企業情報発信ゾーンの様子
11.jpg  12.jpg
内田橋住宅(株)     (株)フジケン  

13.jpg  14.jpg
          東邦ガス(株)      イワクラゴールデンホーム(株)

15.jpg  16.jpg
ダイア建設(株)      貝沼建設(株) 

17.jpg  18.jpg
  東新住建(株)        (株)プログレッソ

イベント結果
来場者数:
土曜日4,000名
日曜日2,100名
総来場数6,100名
アンケート総取得数:1,500組
アンケート取得率:74%

今回のイベント成果は右のとおり、総来場数6100名、アンケート取得数1,500組、取得率も74%という結果になった。結果としては、来場総数としては目標に置いた2万人には遠く及ばなかったものの、アンケート取得率および滞在時間の長さは目を見張り、住宅興味の高い客層を呼び込むことが出来たのではないか。

総括
1970年から総住宅戸数は日本の総世帯数を超え、現在では10戸に1戸は空き家になっている状態である。さらに、少子高齢化、顧客のニーズの多様化など、業界を取り巻く環境は今後も厳しくなる傾向にある。このような状況下でいかに顧客に自社を選んでもらうかということが今後最大のポイントになるのではないか。

今回のイベントで多くの来場者を集めた企業には共通点がある。それは「見て」「触れて」「聴いて」「体感する」ことができる企業だ。ユーザーの価値基準は多様化しその価値基準をどこに置くかでニーズが決まる。そんな複雑なニーズの中、従来のような新聞折込チラシなどのONEWAYな販売促進ではこれからの顧客ニーズに対応していけないのではないか。顧客が求めるものは『満足感』『特別感』など人間が無意識に求める『感動』ではないだろうか。今回イベントで来場者を集めることができたのはエンターテイメント性の高い『顧客参加型』のブースであったように思われる。

東京青山のレストラン「カシータ」「ホテルリッツカールトン」「アマンリゾーツ」など最高のおもてなしが顧客を惹きつけ『ファン』にしてしまう。もしも、顧客を『ファン』にすることができたなら、そこかの広がりは口コミ・紹介と理想的なスキームになるのではないだろうか。

ユーザーが価値を創造するのではない。ユーザーが「感動」するような価値を我々が創造できるかどうかでないだろうか。

出展企業一覧(順不同)
(株)日生産業、中央地所(株)、ハートヒルホーム(株)、三徳物産(株)、(株)引越社、(株)日本住宅保証検査機構、(株)ウッドワン、(株)日立ビルシステム、(株)鶴弥、(財)愛知県建築住宅センター、内田橋住宅(株)、(株)建光ハイム、(株)福友ハウス、(株)ビレッジ開発、トステム(株)、(株)エムジーホーム、(株)ノウビ、ニチハ(株)、(株)プログレッソ、リンナイ(株)、中部電力(株)、松本建工(株)、(株)サンゲツ、(株)ミカド、丸美産業(株)、東新住建(株)、ダイア建設(株)、(株)ユニホー、アーク引越センター(株)、(株)東海カトランホーム、イワクラゴールデンホーム(株)、アートホクストン(株)、ブライトホーム(株)、東朋テクノロジー(株)、(株)フジケン、(有)ジーツーカンパニー、菱水産業(株)、(株)ウッドテック、東海EC(株)、リゾートトラスト(株)、(株)INAX、(株)リクルート、丸一工業(株)、(株)インターブレインズ、東邦ガス(株)、(社)愛知県宅地建物取引業協会、貝沼建設(株)、三井物産ハウステック(株)、(株)東洋プライウッド、(株)日立ハウステック西日本、トーヨーキッチン&リビング(株)

広告媒体
(株)新東通信、(株)アイ・アンド・キュー アドバタイジング、(株)日東通信、(株)リクルート

ブース設営協力
東洋アドバンス(株)、(株)ジング、(有)トムサイン

パブリシティ
中日新聞社、中部経済新聞社、読売新聞社、テレビ愛知

総合企画・運営
(株)インターブレインズ
2005年01月29日 | Comment(0) | 未来進行形・住宅展 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする